1941年08月02日

翔鶴に試γ!!

(土)晴
遂に1週間飛行なし。朝大掃除「ヤル時ャヤル」という艦爆の気風を如実に現して、大いに廻った。然し愉快だった。秋吉班長のいつも言った言葉がしみじみ味わえる。
午前、座席の整頓並びにけんきゅうという名は良いが、殆ど眠っていた。目がさめてみたら1200だ。泡を喰って帰った。
も少し勉強せねばならないのだかれど?
卒業して了ったら横着になるのでいけない。
午後は翔鶴に試γ!! 1機だけ行った。我々「ジャコ」は到底行けない。
外出員の出た後の隊内は静かなものだ。
飛行機を出したり入れたりで時間がすぎた。
夕秿の水泳もなく、背面飛行とまではいかないけれど大体似た事であった。
夕食后、技廄の夜間γの夜設を用意して巡検終りまで飛行場に居た。
飛行がないからかも知れないけれど大変呑気だ。時々これで良いのか、と反省させられる。こんなつまらぬ反省でもする時はまだ良いのだ。
馴れてしまったら当り前だ位に思うだろう。
それは最も警戒しなければならぬことだ。
何時までも練公の時の気持で少しずつでも向上しよう。明日は半舷入場だ!!
posted by 軍三 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21836717

この記事へのトラックバック