1941年08月03日

「太閤記」第二巻

(日)晴後曇
総員起しと同時に病室に行き何とかいふ名の注射をする。遅くなって外出は遅れ外出だ。初の下宿へ行って「お願いします」をやって迫浜劇場で「上海の月」ろくでもない映画を見て時間をすごす。
晝すぎ横須賀へ出て見たが時間をどう費やして良いかに困った位だ。「X」をたずねてグルグルと廻ったけれど見當らぬ。判った処で到底駄目だ。夕食を終って田浦を通って帰る。
間もなく夕立が来た。
朝買っておいた「太閤記」第二巻を十時半までかかって全部読んだ。
浜田教員の言った如く非常に有効な事が書いてある。
posted by 軍三 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33339006

この記事へのトラックバック