1941年08月09日

「親しき仲にも礼を忘るな」

(土)曇
雨は降らねど「どんより」した天気だった。
飛行機は出したれど飛ばず待機だ。
午後半舷外出。土曜日の帰りではパッとしないけれど,下宿にて太閤記を讀んでくらす。金がないと何となく落付かない。
生まれてはじめて人に金を借りたれど,仕方なしとはいへ嫌なものだ。
つまらぬ処には決して使用せぬ。なくなって初めて有りがたさがわかる。
「親しき仲にも礼を忘るな」中川班長の一言。
大いに心得とすべき事だ。
posted by 軍三 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39811992

この記事へのトラックバック